.+*:゜+。.☆  ラクになったら楽しくなった ☆。 .:*・゜ 

営業時間 (完全予約制)
月曜:14時~22時
(※祝:10時~18時)
木曜:14時~22時
日曜:10時~18時

080-9825-1868

さとう式リンパケアってどんなの?

腔をととのえる

現代人のカラダは、「腔がつぶれている」状態になっていることが多く、それが不調の原因となっています。右の、つぶれたペットボトルのイメージです。

人間本来の自然なカラダは、左のペットボトルのように、腔(カラダの内側の空間)がととのって、まっすぐ、安定して立っていることができます。

人間のカラダは男性で60%、女性で55%が水分とされます。さとう式リンパケアでは、カラダの腔をととのえることで、「水分」の大半を占めている、細胞の周囲をみたす「間質液」が流れやすい状態をつくります。

「間質液」には細胞から出た老廃物があり、これが滞ると、痛みや不調の原因になるのです。「間質液」の流れやすいカラダをつくってあげましょう。

筋肉をゆるめ、屈筋を上手につかう

腔をととのえる
筋肉をゆるめる
屈筋を上手につかう

     

間質液が流れやすくなる◎

【筋肉をゆるめる】
「間質液」の流れやすい状態をつくるために、硬くなった筋肉をゆるゆるにしてあげます。
押したり、揉んだりすることは、筋肉の組織を傷つけ、さらに硬くなってしまうことにつながります。
優しく触れる、ゆらす、呼吸することで、赤ちゃんのようなふわふわの筋肉を取り戻します。

【屈筋を上手につかう】
カラダを曲げるときに使う、太くて大きな筋肉は「屈筋」と呼ばれます。
この筋肉が使いっぱなしでカチカチになっている状態は、腔をつぶしてしまう原因になります。
筋肉をゆるめて、屈筋を上手に使えるカラダへととのえましょう。

こんな症状でお悩みの方へ

●痛み
肩こり、首のいたみ、腰の痛み、背中のこり、頭痛、食いしばりによるあごの痛み、など

●ゆがみ
巻き肩、反り腰、首のゆがみ、骨盤の高さが違う、肩の高さが違う、など

●美容面
頬のたるみ、首のたるみ、目じりのシワ、口角のたるみ、バストアップ、ヒップアップ、ウエストダウン、など

※さとう式リンパケアは腔をととのえることで、美容面にもアプローチすることができます。

●その他
疲れやすい、冷え性、むくみ、花粉症、鼻炎などのアレルギー症状、など

施術人紹介

  • 桜井 ちえ

    元気になりたい、キレイになりたい、そのためならどんなにつらいことでも我慢する!というのは、もうやめにしませんか?
    本来のカラダはラクチンなはずで、日々の生活で忘れてしまっているだけなんです。
    がんばらなくても、カラダに思い出してもらうだけで、どんどん元気に、キレイになっていきます。
    kefi では、カラダが本来の姿を思い出すスイッチにそっと触れてあげる。そんなケアをしています。いままでの常識が変わる不思議なケア、気に入っていただけたらうれしいです。


    ・さとう式リンパケア公認インストラクター
    ・MRTマスター
    ・セルフケアマスター
    ・看護師/保健師
    ・健康リズムカウンセラー